海岸に出ますと松の緑が鮮やかに目に入ります。
松の緑を見ながら、清掃活動をやってて良かったと思います。

深江の松林には1960年頃の台所の燃料革命以来、人の手が入ってなかったと思います。
福岡県によって植林は行なわれていましたが、下草刈りや松枝の回収、松葉の回収などは一切行われていませんでした。
ボランティア皆さんの活動のおかげで白砂青松の様相が見えてきました。

浜辺の今年はまだ肌寒い日が多くハマダイコン、ハマエンドウの花とコウボウムギの穂が出ているくらいでした。ヒルガオは少し遅れそうです。

さて近々の清掃活動ですが、
深江浜の清掃活動は6月に2回予定しています。
6月7日(日)と6月13日(土)です。

6月13日(日)は清掃活動の後地引網を行います。
深江の自然を一緒に体感しましょう。

詳細は追ってご案内します。


               深江の自然と環境を守る会
                委員長 鞍垣 一貴男








~深江浜の風景~


P4120983.jpg
二丈岳から
P4120984.jpg
深江浜を見る
P4120982.jpg

P4120986.jpg
柳川の河口をアップで

P4221160.jpg
ハマダイコン
P4221163.jpg
ハマエンドウ


深江浜の夕暮れ
P4221165.jpg P4221168.jpg P4221183.jpg P4221193.jpg P4221197.jpg 
ふかまつ君のむこうに陽が沈んでいきました。

2015.04.22 Wed l 深江の自然 l コメント (0) トラックバック (0) l top